ジョン・ウィクリフ
ジョン・ウィクリフ像 ©Public Domain

ジョン・ウィクリフ

/ /

ジョン・ウィクリフ (B.C.1320〜A.D.1384)

イギリスの神学者、聖職者、宗教改革の先駆者。イエスの言行と聖書こそが信仰の根拠であるとし、教会の儀礼的腐敗を厳しく批判した。聖書の英訳とその普及に貢献した。コンスタンツ公会議で異端となったウィクリフは、すでに死んでいるにもかかわらず、墓から掘り起こされ、著書とともに焼かれて、テムズ川に投げ込まれたという。思想は、ロラード派によって受継がれ、ボヘミアの宗教改革者フスにも影響を与えた。