ムラービト朝 ルーム・セルジューク朝 ムラービト朝 ガズナ朝 11世紀後半のイスラーム世界地図
11世紀後半のイスラーム世界地図 ©世界の歴史まっぷ

サーマーン朝

ブワイフ朝

ルーム・セルジューク長

ホラズム・シャー朝

セルジューク朝 (A.D.1038〜A.D.1194)

中央アジア起源のトルコ人イスラーム政権。1038年、トゥグリル=ベクが、ニーシャプールに建国。1055年ブワイフ朝の勢力を駆逐してバグダードに入城し、アッバース朝カリフからスルタンの称号を授かる。同族のトルコ人マムルークを採用して軍事を整え、イランからイラク・シリアにおよぶ広大な領域を支配下におさめ、十字軍がおこるきっかけとなった。12世紀の半ば過ぎになると各地の地方政権に分裂し、アラル海付近におこったホラズム・シャー朝によって1194年に滅ぼされた。