紀元前15世紀のオリエント諸国の地図 タニス バビロニア エジプト新王国 ミタンニ テーベ エジプト統一王国の形成と展開 ヒッタイト 紀元前15世紀のオリエント諸国の地図
紀元前15世紀のオリエント諸国の地図 ©世界の歴史まっぷ

テーベ(エジプト)


Previous Post

Next Post

テーベ Thebes (エジプト)

ナイル川中流東岸の都市。現ルクソール。対岸に王家の谷がある。中王国新王国時代の政治の中心地。

テーベ

ナイル川中流東岸の都市。現ルクソール。対岸に王家の谷がある。中王国・新王国時代の政治の中心地。

¥946 (2021/09/16 20:42:03時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

エジプト南東部の古代都市。ナイル川中流、現在のルクソール付近にあたり、たびたび首都となった。西岸に王家の谷、セティ1世葬祭殿、ラメセウム、ラムセス3世葬祭殿、ハトシェプスト女王葬祭殿、東岸にカルナック神殿ルクソール神殿などが残る。1979年、「古代都市テーベとその墓地遺跡」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録(Ancient Thebes with its Necropolis – UNESCO World Heritage Centre)された。エジプト名、ワセト。
ルクソールは、ルクソール県の県都。古代エジプトの都テーベがあった場所。

同義語
テーベ
広告
Previous Post

Next Post