バラモン バラモン教
チョラデビ女王とアンギラス ©Public domain
Previous Post

Next Post

バラモン教

後期ヴェーダ時代(紀元前1000年頃〜紀元前600年頃)、バラモン司祭者のもとでヴェーダの神々を崇拝する宗教をバラモン教と呼ぶ。アーリア人がインダス川上流地方に侵入し、先住民を征服してこの地方に定住、発展する間に次第に形成された信仰。これにインドの民間信仰を融合したヒンドゥー教に発展する。

Previous Post

Next Post