バラ戦争
ランカスター家(赤バラ)とヨーク家(白バラ)の紀章 Source Wikipedia

バラ戦争 (A.D.1455〜A.D.1485)
百年戦争の後、イギリス王位継承の正当性をめぐって、ランカスター家(紀章:赤バラ)とヨーク家(紋章:白バラ)が争い、イギリス国内の諸侯・騎士を2分した内乱。ランカスター家の血をひくリッチモンド伯テューダー家のヘンリ・テューダーが、ヨーク家を倒し、テューダー朝を開いてヘンリー7世として即位、ヨーク家の王女エリザベスと結婚し、両派の和解を成立させた。
百年戦争に続く内乱によって、封建貴族は相討ちとなって没落し、イギリスはチューダー朝の成立とともに中世史に終わりを告げ、絶対王政の時代に移行する。