ヘンリー6世(イングランド王)
ヘンリー6世 @Wikipedia ©Public domain

ヘンリー6世(イングランド王)

/ /

ヘンリー5世(イングランド王)

ヨーク朝エドワード4世(イングランド王)

ヘンリー6世(イングランド王) (A.D.1421〜A.D.1471) ランカスター朝最後のイングランド王(在位1422年8月31日 - 1461年5月4日, 1470年10月30日 - 1471年4月11日)。フランス王も兼ねた(在位:1422〜1453)。1437年まで摂政が後見。ヘンリー5世(イングランド王)とシャルル6世(フランス王)の娘キャサリン・オブ・ヴァロワの子。同時代人からは、平時は平和主義で敬虔だが、非常時は自身が直面した苛烈な抗争には不向きな人物として描かれた。彼の精神錯乱と生まれ持った博愛心は、やがてバラ戦争の開始による自身の没落とランカスター朝の崩壊、ヨーク朝の台頭につながった。