ホーエンシュタウフェン
ホーエンシュタウフェン家紋章 Wikipedia

ホーエンシュタウフェン

/

ホーエンシュタウフェン ホーエンシュタウフェン朝(1138年〜1208年、1215年〜1254年)は、神聖ローマ帝国の王朝。シュタウフェン朝およびシュタウファー朝とも呼ばれる。シュヴァーベン大公でもあった。家名はシュヴァーベンのシュタウフェン城を発祥とする。イタリアではシチリア王国を支配し、1266年まで続いた。