マニュファクチュア
江戸時代 経済の変化 ©世界の歴史まっぷ
Previous Post

Next Post

マニュファクチュア manufacture (工場制手工業) 資本家が工場に労働者を集め、分業の形で手工業により商品を製造する生産様式。資本主義生産の初期的段階。16世紀後半、イギリス毛織物生産の分野で始まり、日本では17世紀摂津の伊丹・池田・灘などの酒造業でみられた。19世紀には大坂周辺や尾張の絹織物業、桐生・足利の綿織物業、川口の鋳物業などにみられた。

Previous Post

Next Post