ヤン・フス
ヤン・フスが知られる最も古い資料Martinická bible 悪魔を描いた帽子をかぶせられ、火刑に処せられた。©Public Domain

ヤン・フス (1370頃〜1415)

ボヘミアの宗教改革者。南ボヘミアのフシネツ村に貧農の子として生まれる。プラハ大学で神学を修め、1398年に同大教授に就任する。このころイギリスのジョン・ウィクリフの改革思想に強く共鳴し、救霊預定説を唱え、聖職者、教会の土地所有、世俗化を厳しく非難した。1402年にはプラハのベツレヘム礼拝堂の主任司祭兼説教師に任命され、チェコ語による彼の説教は、民衆の心を巧みにつかんだ。彼は同時に聖書のチェコ語訳を行い、チェコ語の正字法も手がけるなど、チェコ人の民族教育にも力を注いだ。コンスタンツ公会議でフスを異端として焚刑に処した。