ユスティニアヌス1世
ユスティニアヌス1世のモザイク画(ラヴェンナ・サン・ヴィターレ聖堂)

ユスティヌス1世

ユスティヌス2世

ユスティニアヌス1世 (A.D.482〜A.D.565) 東ローマ帝国ユスティニアヌス朝第2代皇帝(在位527年8月1日 - 565年11月14日)。東ローマ帝国初期の絶頂期を現出。北アフリカのヴァンダル王国を滅ぼし、20年に及ぶゴート戦争の末にイタリアの東ゴート王国を征服、西ゴート王国からはイベリア半島の南端部をかすめ取った。東方では540年以降ササン朝のホスロー1世と戦って地中海の制海権を確保するなど、一時地中海帝国の再現に成功した。首都のハギア・ソフィア聖堂の再建をはじめ多くの教会堂を建立、法学者トリボニアヌスらに命じて共和政以来のローマ法を集大成させた(『ローマ法大全』)。