ルキウス・コルネリウス・スッラ
鼻の欠けたスッラの頭像 (グリュプトテーク蔵) ©Public domain

ルキウス・コルネリウス・スッラ

/

ルキウス・コルネリウス・スッラ 紀元前138年-紀元前78年。共和政ローマ期の軍人・政治家。貴族階層の出身者として閥族派(オプティマテス)の指導者となり、かつて自らも仕えた民衆派(ポプラレス)の指導者ガイウス・マリウスと激しい内戦を繰り広げた。マリウス病死後、マリウス派を粛清する。後に独裁官となり、元老院の権限を強化し閥族派の政権を作り上げたが、マリウスの義理の甥のガイウス・ユリウス・カエサルによって閥族派は倒される。