三藩の乱
三藩の乱 Wikipedia

三藩の乱

/

Previous Post

Next Post

三藩の乱 (A.D.1673〜A.D.1681) 清は、清朝に投降した明朝の武将のうち、清の国内平定に功績のあった者を藩王に封じたが、清朝第4代康熙帝はその勢力削減策をはかったため、雲南の呉三桂(平西王)、広東の尚之信(平南王)、福建の耿精忠(靖南王)の三藩がおこした反乱を三藩の乱さんぱんのらんという。呉三桂が病死するとその勢力は急速に衰え、1681年、三藩は平定された。

Previous Post

Next Post