内乱の1世紀
カエサル暗殺(ジャン=レオン・ジェローム画/ウォルターズ美術館蔵)

内乱の一世紀

内乱の一世紀 (紀元前133年〜紀元前27年) 紀元前133年のティベリウス・グラックスと元老院の対立によるグラックスの死から、紀元前27年にオクタウィアヌスが「アウグストゥス」の称号を得て実質的に帝政がはじまるまでのおよそ紀元前1世紀の100年間をさす。