太平天国の乱
太平天国の乱 武昌の戦い(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

太平天国の乱

/

Previous Post

Next Post

太平天国の乱 (A.D.1851〜A.D.1864)

清末、洪秀全を指導者とする太平天国による大規模な反乱。国号を太平天国とし南京を占領して首都と定め天京と改称した。被害は甚大で政府や正規軍の無力ぶりが露呈し、平定に活躍した漢人官僚が政治の中枢に進出するきっかけとなった。

Previous Post

Next Post