太祖(朝鮮) - 太祖大王御真
太祖大王御真 ©Public domain

太祖(朝鮮)


Previous Post

Next Post

太祖(朝鮮) 李成桂 A.D.1335〜A.D.1408

朝鮮王朝の建国者(在位1392)。倭寇撃退などの功績から元を支持する高麗政府の命で明軍討伐の指揮官となったが、遠征途中で軍を引き返して権力を握り、1392年に新王朝を開いた。儒教(朱子学)を柱とした国家の基礎を築いた。

太祖(朝鮮)

朝鮮王朝の建国者(在位1392)。倭寇撃退などの功績から元を支持する高麗政府の命で明軍討伐の指揮官となったが、遠征途中で軍を引き返して権力を握り、1392年に新王朝を開いた。儒教(朱子学)を柱とした国家の基礎を築いた。

¥946 (2021/07/30 10:37:44時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

略歴

  • 高麗の将軍として反乱軍を撃退
  • 明建国をきっかけに李氏朝鮮を創始
  • 官僚制中心の国づくり

高麗軍の武将から自ら国王に

14世紀の朝鮮半島は高麗王朝が支配していた。高麗は中国の征服王朝元(王朝)冊封体制さくほうたいせい(冊封体制: 中国,歴代王朝が東アジア諸国の国際秩序を維持するために用いた対外政策。中国の皇帝が朝貢をしてきた周辺諸国の君主に官号・爵位などを与えて君臣関係を結んで彼らにその統治を認める(冊封)一方,宗主国対藩属国という従属的関係におくことをさす。-百科事典マイペディアより)にあった。しかし、衰えた元では、宗教結社を中心とした紅巾の乱こうきんのらんが勃発。みん王朝が成立した。

このとき紅巾の乱の反乱軍の一部が高麗に攻め入る。これを撃退したのが、高麗軍の武将・李成桂だった。李成桂は元の残党勢力を一掃し、当時暴威を振るっていた日本の海賊・倭寇も討伐し、名声を得た。李成桂は高麗王を廃し、「李氏朝鮮」を創始。明から朝鮮国王に封じられた。

李成桂は古い土地台帳を焼却。高齢時代の貴族の土地を没収した。拡大した公田を、新しく制定した科田法に基づき、官僚に支給した。同時に明にならって朱子学しゅしがくを官学として各地に学校を設立した。科挙を広く実施し、官僚体制を整えた。首都は漢城かんじょう(現・ソウル)に置いた。内治に努めたが、晩年は後継者争いを機に退位し、定宗ていそうに譲位すると、仏門に入った。

¥3,677 (2021/07/30 10:39:41時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

14世紀の東アジア

蒙古襲来後の日本では鎌倉幕府が1333年に倒され、南北朝の争乱期となり、京都に室町幕府が成立した。しかし国内は南北朝の騒乱で統制がとれず、西日本の海賊集団は朝鮮半島南岸や中国江南の沿岸を略奪する倭寇となり、活動も次第に活発になった(前期倭寇)。

こうした朝鮮半島南岸における倭寇の活動に対して、高麗はその対策に苦しんでいた。明が元を中国から追い払うと、元の服属国であった高麗では、モンゴル高原に逃れた北元と結んで明を攻撃する計画が持ち上がった。倭寇の撃退などで名声を高めていた武将の李成桂は軍を率いて鴨緑江おうりょくこうまで進んだが、高麗軍に戦意はなく明軍と敵対することに迷い、ついに彼は反転して首都の開城に入り、国王を廃して王子をたて、政権を握ることに成功した(1388)。彼は都を漢城(漢陽 現ソウル)に遷し、それまでの親元派から親明派政策に切り替え、また科田法を採用して田制の改革を実行した。こうして李成桂は1392年、部下に推されて王位についた(太祖)。国号を朝鮮と改めたことから李氏朝鮮(李朝)ともいう。

李氏朝鮮 歴代王一覧

横にスクロールします

李氏朝鮮国王一覧

  姓・諱廟号日本読み朝鮮読み在位開始在位終了作品党派
 封号
李氏朝鮮第1李成桂太祖たいそ13931398勲旧派
李子春永興崔氏権知高麗国事
第2李芳果定宗ていそうチョンジョン13981400太祖神懿王后次男
第3李芳遠太宗たいそうテジョン14001401太祖神懿王后五男
14011418朝鮮国王
第4李裪世宗せいそうセジョン14181450太宗元敬王后・閔氏三男
第5李珦文宗ぶんそうムンジョン14501452王女の男世宗昭憲王后・沈氏長男
第6李弘暐端宗たんそうタンジョン14521455癸酉靖難文宗顕徳王后・權氏
第7李瑈世祖せいそセジョ14551468李施愛の乱世宗昭憲王后・沈氏次男
第8李晄睿宗えいそうイェジョン14681469世祖貞熹王后・尹氏次男
第9李娎成宗せいそうソンジョン14691494士林派世祖の長男・懿敬世子仁粋大妃次男
第10李㦕燕山君えんざんくんヨンサングン14941506戊午士禍
甲子士禍
中宗反正
成宗廃妃・尹氏長男
第11李懌中宗ちゅうそうチュンジュン15061544己卯士禍成宗の次男貞顕王后・尹氏
第12李峼仁宗じんそうインジョン15441545中宗章敬王后・尹氏長男
第13李峘明宗めいそうミョンジョン15451567乙巳士禍中宗文定王后次男
第14李昖宣祖せんそソンジョ15671608西人東人文禄・慶長の役中宗の三男・徳興大院君河東府大夫人鄭氏長男
第15李琿光海君こうかいくんクァンヘグン16081623南人北人宣祖恭嬪金氏次男
第16李倧仁祖じんそインジョ16231649小北大北宣祖の五男・定遠君(庶子)仁献王后長男
第17李淏孝宗こうそうヒョジュン16491659仁祖
第18李棩顕宗けんそうヒョンジョン16591673西人粛清孝宗仁宣王后長男
第19李焞粛宗しゅくそうスクチョン16741720トンイ老論少論甲寅礼訴
庚申換局
顕宗明聖王后長男
第20李昀景宗けいそうキョンジョン17201724辛壬士禍粛宗禧嬪張氏長男(庶子)
第21李昑英祖えいそヨンジョ17241776イ・サン僻派時派壬午士禍粛宗淑嬪崔氏次男(庶子)
第22李祘正祖せいそチョンジョ17761800功西信西辛酉教獄英祖の次男・荘献世子恵慶宮洪氏次男
第23李玜純祖じゅんそスンジョ18001834僻派勢道政治
(安東金氏)
正祖綏嬪朴氏次男
第24李奐憲宗けんそうホンジョン18341849純祖の長男・孝明世子神貞王后長男
第25李昪哲宗てっそうチョルジュン18491863正祖の弟・恩彦君の子・恩彦君龍城府大夫人廉氏三男
第26李熙高宗こうそうコジュン18631897明成皇后江華島事件
壬午事変
甲申政変
東学党の乱
乙未事変
英祖の次男・荘献世子の三男・恩信君
の養子・南延君の四男・興宣大院君
驪興府大夫人閔氏次男
大韓帝国高宗18971907第1代皇帝
第27李坧純宗じゅんそうスンジュン19071910高宗明成皇后閔氏長男第2代皇帝
左右にスクロールします。
広告
Previous Post

Next Post