宣統帝(溥儀)
宣統帝(溥儀・満州国皇帝時代)(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
Previous Post

宣統帝 せんとうてい(溥儀ふぎ)(A.D.1906〜A.D.1967)

清朝最後の皇帝(在位1908〜1912)。3歳で清国皇帝に即位・辛亥革命により退位後、紫禁城にとどまっていたが、24年軍閥のクーデタで追放された。日本に担ぎ出されて満洲国執政・満州国皇帝(34〜45)となった。第二次世界大戦後ソ連に抑留され、50年帰国し戦犯として収容所で服役。59年特赦で出所。自伝「わが半生」を著す。映画「ラストエンペラー」のモデル。

Previous Post