平城太上天皇の変 孝徳天皇
家紋(下り藤) Wikipedia

平城太上天皇の変

/ /

Previous Post

平城太上天皇の変 (薬子の変) 810(大同5)年 平安時代初期の政変。809(大同4)年、平城天皇は皇太弟神野親王(嵯峨天皇)に譲位したが、前帝の寵により権勢を得ていた藤原薬子ふじわらのくすこと兄藤原仲成ふじわらのなかなりらは,平城京への遷都,平城上皇の重祚じゅうそを策して旧都に移り,翌年観察使を廃するなど政治に関与した。これに対し嵯峨天皇方は、蔵人所を設置して機密の漏洩を防ぐとともに、上皇の平城遷都の命を機に、三関を固め、薬子を解官し、仲成を射殺した。これにより上皇は剃髪し、薬子は自殺した。こののち、藤原氏のうち式家は没落し、北家の藤原冬嗣の系統が朝廷で勢力を確立していった。

参考 ブリタニカ国際大百科事典

Previous Post