後金 東アジアの状況
後金の版図 ©世界の歴史まっぷ
Previous Post

Next Post

後金 (A.D.1616〜A.D.1636) 後金こうきんは、建州けんしゅう女真ヌルハチが、東北地方のほぼ全域を統一して、1616年にアイシン(満州語で金を意味する)と号する国(後金こうきん国)をたて、ハンの位について(太祖 位1616〜1626)、元号を天命とした。子のホンタイジの時代に内モンゴル平定、朝鮮服属、女真の民族名を満州に改め、1636年に国号を中国風に清と改めた。

Previous Post

Next Post