日朝修好条規
日朝修好条規締結の情景(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
Previous Post

Next Post

日朝修好条規 にっちょうしゅうこうじょうき (江華条約 A.D.1876) 江華島事件後、江華府で締結された日朝間の条約。代表は黒田清隆・井上馨。朝鮮を「自主の国」として清との宗族関係を否定。釜山など3港の開港、日本の領事裁判権の承認、付属の通商章程による無関税特権を獲得するなの不平等条約。のち釜山以外2港の開港場が仁川インチョン元山ウォンサンに決定。

Previous Post

Next Post