日清修好条規
日清修好条規(画像出典:WIKIMEDIA COMMONS

日清修好条規

/

Previous Post

日清修好条規 (A.D.1871) 日清間で結ばれた最初の条約で、通称章程(通商を行なうための細則)と海関税則かいかんぜいそくを含む。日本代表は伊達宗城だてむねなり、清は李鴻章。両国が制限的な領事裁判権を認め、変則的な対等条約となった。

Previous Post