松平信綱
伝・松平信綱坐像(高村光雲作/平林寺蔵)野火止 平林寺

松平信綱


Previous Post

Next Post

松平信綱 まつだいらのぶつな( A.D.1596〜A.D.1662)

江戸時代初期の武蔵川越藩主、幕府老中、伊豆守。松平右衛門大夫正綱の養子。実父は大河内金兵衛久綱。母は深井藤右衛門好秀の娘。知恵伊豆として知られる。慶長9(1604)年徳川家光が生れるとその家人としてつけられ、元和9(23)年家光が第3代将軍の宣下を受けると、その政治に参画することとなった。以後第4代将軍徳川家綱にも仕え、寛永14(37)年の島原の乱や慶安4(51)年の由井正雪の事件(慶安事件)、江戸の大火(明暦の大火)に際して適切な処置をとり、幕府の政治的基礎固めに貢献。島原の乱鎮定の功によって武蔵川越7万5000石の領主となった。

松平信綱

江戸時代初期の武蔵川越藩主、幕府老中。伊豆守。松平右衛門大夫正綱の養子。実父は大河内金兵衛久綱。母は深井藤右衛門好秀の娘。知恵伊豆として知られる。慶長9(1604)年徳川家光が生れるとその家人としてつけられ、元和9(23)年家光が第3代将軍の宣下を受けると、その政治に参画することとなった。以後第4代将軍徳川家綱にも仕え、寛永14(37)年の島原の乱や慶安4(51)年の由井正雪の事件(慶安事件)、江戸の大火(明暦の大火)に際して適切な処置をとり、幕府の政治的基礎固めに貢献。島原の乱鎮定の功によって武蔵川越7万5000石の領主となった。

参考 ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 プラス世界各国要覧 2018

幕藩体制の確立

幕藩体制の成立

禁教と寺社

1637(寛永14)年から翌年にかけて、島原の乱がおこった。この乱は、打ち続く飢饉であるにもかかわらず、島原城主松倉重政(?~1630)父子や天草領主寺沢広高(1563~1633)が領民に苛酷な年貢を課したり、キリスト教徒を弾圧したことに抵抗した百姓の一揆である。島原半島と天草島は、かつてキリシタン大名の有馬晴信ありまはるのぶ小西行長の領地で、一揆勢のなかにも有馬・小西氏の牢人やキリスト教徒が多かった。小西行長の遺臣益田好次(?〜1638)の子で16歳の天草四郎時貞(1623?〜38)を首領にいただいて、一揆勢3万余りは原城跡に立てこもった。幕府は板倉重昌(1588〜1638)を派遣して鎮定にあたらせたが失敗に終わり、ついで老中松平信綱(1596〜1662)が九州の諸大名ら約12万人の兵力を動員して原城を包囲し、兵糧攻めにした。また、オランダ船による海上からの砲撃を求め、ようやくこの一揆を鎖圧した。

朝鮮と琉球・蝦夷地

1655(明暦元)年、清が琉球に冊封使を派遣するとの動きを察知した薩摩藩は、幕府に伺いを立て、清の要求を拒絶して、清船を追い払うかどうかの指示を仰いだ。これに対する幕府の老中松平信綱から薩摩藩主島津光久(1616〜94)への回答は、清から冊封のほか辮髪べんぱつや衣裳など風俗の強制があっても、これにしたがい、決して日中間で戦端を開くことがないようにとのことであった。1663(寛文3)年、清の康熙帝こうきてい(1654〜1722)は琉球に遣使し、尚質王を「琉球国中山王」に冊封した。ただし、辮髪の強制はなかった。琉球は以後、薩摩藩の支配を受けつつも、清の冊封を受けるかたちでの、二重の外交体制を保つことになった。

¥2,750 (2021/09/24 20:47:06時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
¥2,750 (2021/09/24 20:47:06時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
広告
Previous Post

Next Post