松平信綱
伝・松平信綱坐像(高村光雲作/平林寺蔵)野火止 平林寺

松平信綱

/ /

Previous Post

Next Post

松平信綱 まつだいらのぶつな(A.D.1596〜A.D.1662) 江戸時代初期の武蔵川越藩主、幕府老中、伊豆守。松平右衛門大夫正綱の養子。実父は大河内金兵衛久綱。母は深井藤右衛門好秀の娘。知恵伊豆として知られる。慶長9(1604)年徳川家光が生れるとその家人としてつけられ、元和9(23)年家光が第3代将軍の宣下を受けると、その政治に参画することとなった。以後第4代将軍徳川家綱にも仕え、寛永14(37)年の島原の乱や慶安4(51)年の由井正雪の事件(慶安事件)、江戸の大火(明暦の大火)に際して適切な処置をとり、幕府の政治的基礎固めに貢献。島原の乱鎮定の功によって武蔵川越7万5000石の領主となった。

Previous Post

Next Post