ラタナコーシン朝 フランス領インドシナ連邦 阮朝 オランダ領東インド 諸島部の植民地化 マレー連合州 東南アジアへの侵略と統治地図
東南アジアへの侵略と統治地図 ©世界の歴史まっぷ

海峡植民地


海峡植民地 Straits Settlements( A.D.1826〜A.D.1946)

マレー半島にイギリスが築いた植民地。イギリス東インド会社がオランダ勢力を駆逐してペナン(1786)・シンガポール(1819)・マラッカ(1824)を一括して海峡植民地とした(1826)。東インド会社解散にともないイギリスの直轄植民地となった(1867)。

海峡植民地

マレー半島にイギリスが築いた植民地。ペナン・マラッカ・シンガポールからなる。1867年に直轄植民地となった。

¥946 (2021/09/27 20:48:20時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

アジア諸地域の動揺

南アジア・東南アジアの植民地化

諸島部の植民地化

18世紀末からマレーに進出したイギリス東インド会社は、オランダ勢力を駆逐してペナン(1786)シンガポール(1819)・マラッカ(1824)をつぎつぎに獲得し、これら3地方を一括して海峡植民地 Straits Settlements とした(1826)。この植民地は、1858年の東インド会社解散にともないイギリスの直轄植民地となった(1867)。イギリスはその後マレー半島内部の諸侯国(スルタン領)に干渉を加え、これを保護国化してマレー連合州を組織させ(1895)、またブルネイ(1888年保護領化) やマレー半島内の非連合州とともにシンガポール駐在の海峡植民地知事の統轄下においた(1909)これらの地域は全体でイギリス領マラヤとも呼ばれる。

東南アジアへの侵略と統治地図
東南アジアへの侵略と統治地図 ©世界の歴史まっぷ

イギリスがこの地域でこうした積極策にでた理由のひとつは、競争相手であるヨーロッパ諸国に対抗するためでもあり、もうひとつはこの地のすずとゴムの資源を確保するためである。 19世紀に入るとマレー半島ではまず錫の採掘が、同世紀末からはゴムのプランテーション栽培がさかんになるが、それにともない中国人やインド人の労働者が多数移住した。この地域の今日の複雑な民族構成はその結果である。なお1824年に結ばれた英蘭協約は、ナポレオン戦争後のこの地域の勢力範囲を確定したものとして重要である。これによりマラッカ海峡を境界線として北側のマレー半島がイギリスの勢力圏、南側のジャワ島・スマトラ島などがオランダの勢力圏となった。

¥2,750 (2021/09/27 20:45:12時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888

イギリス領マラヤ

海峡植民地マレー連合州マレー非連合州
1826〜19461895〜1957
1867〜直轄植民地海峡植民地総督の下で組織した保護国
シンガポール、マラッカ、ペナンペラ、セランゴール、ネグリ・セムビラン、パパンジョホール、ケダー、ペルリス、ケダン、トレンガヌー
1957〜 マラヤ連邦:マレー人・中国人・インド人の連盟党が1955年の総選挙の勝利を背景にイギリスから完全独立を達成。
広告