済物浦条約 原文
済物浦条約 原文 ©Public domain

済物浦条約

Previous Post

Next Post

済物浦条約さいもっぽじょうやく 1882年8月30日 壬午事変での日本公使館焼き討ち事件等の事後処理の為に日本と李氏朝鮮の間で締結された条約。 日本側-弁理公使:花房義質。軍艦5隻と陸軍約1個大隊相当が護衛。 朝鮮側-全権大臣・李裕元、副官・金弘集。 場所-済物さいもっぽ (現:仁川広域市)

Previous Post

Next Post