瀋陽故宮
瀋陽故宮 大政殿 (画像出典:http://talkiyanhoninjai.net/)

瀋陽故宮


Previous Post

瀋陽故宮 (盛京皇宮)

瀋陽故宮しんようこきゅうは、1625年、後金(清王朝の前身)のヌルハチによって建設され、続くホンタイジまで皇居として用いられたのち、清の北京遷都後は王族の離宮として使われた。遊牧民族の住居パオに由来する八角系の建物や儀式用の柱など、女真族の宗教・文化が色濃い点が評価され、2004年に世界遺産「北京と瀋陽の明・清王朝皇宮群」に追加登録された。北京の故宮(紫禁城)同様、瀋陽の故宮も、中国の貴重な文物を収める博物館となっている(瀋陽故宮博物院)。

瀋陽故宮

概要

遼寧省りょうねいしょうに残る瀋陽の故宮と呼ばれる小規模な宮殿は、1625年、後金(清王朝の前身)のヌルハチによって建設され、続くホンタイジまで皇居として用いられたのち、清の北京遷都後は王族の離宮として使われた。遊牧民族の住居パオに由来する八角系の建物や儀式用の柱など、女真族の宗教・文化が色濃い点が評価され、2004年に世界遺産に追加登録された。北京の故宮(紫禁城)同様、瀋陽の故宮も、中国の貴重な文物を収める博物館となっている。

パオ:遊牧民の移動式家屋である円筒状テント。中国語では「パオ」、モンゴル語では「ゲル」。
¥1,595 (2021/09/28 00:37:53時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4839975655

北京と瀋陽の明・清王朝皇宮群 – 世界の歴史まっぷ

ヌルハチ 瀋陽故宮
瀋陽故宮 鳳凰楼 ©Public Domain

ヌルハチ

広告
Previous Post