第三次奴隷戦争
スパルタクスの最期 (18820ヘルマン・フォーゲル画) ©Public domain

第三次奴隷戦争

第三次奴隷戦争 紀元前73年から紀元前71年にかけて共和政ローマ期にイタリア半島で起きたローマ軍と剣闘士・奴隷による戦争。3度の奴隷戦争の中で最後にして最大規模のものであった。剣闘士らの指導者スパルタクスの名にちなんでスパルタクスの反乱またはスパルタクスの乱とも呼ばれる。