航海法
ボストン茶会事件(1846年の作品)©Public Domain
Previous Post

航海法 イギリス重商主義政策の根幹をなした政策で、直接的には、オランダに対抗してイギリス海運業の利益を守ることを目的としたが、結果として、貿易業や製造業をも保護することになった。

  • 1651年法:イギリスと植民地の貿易を基本的にイギリス船に限定することを規定。
  • 1660年法:植民地が砂糖・タバコ・藍など植民地の特産物をイギリス以外の国に直接輸出することを禁止。
  • 1663年法:植民地の輸入もイギリス船に限定。

Previous Post