近松門左衛門
近松門左衛門像 部分(File:Chikamatsu Monzaemon.jpg – Wikipedia)©Public Domain
Previous Post

Next Post

近松門左衛門 ちかまつもんざえもん(A.D.1653〜A.D.1724) 江戸時代前期の浄瑠璃、歌舞伎狂言の作者。宇治加賀掾門下を経て、1685年竹本義太夫のために『出世景清』を書き、以後義太夫と組んで活躍。また坂田藤十郎との提携を通じて、元禄期を代表する歌舞伎『けいせい仏の原』(1699)なども書いた。1703年初めての世話物浄瑠璃『曾根崎心中』を書き好評を得て、以後浄瑠璃に専念。時代物、世話物ともに優れ、従来の古浄瑠璃と一線を画した功績は大きく、井原西鶴、松尾芭蕉と並ぶ江戸文学界の巨頭。

Previous Post

Next Post