源氏物語絵巻 院政期文化
源氏物語絵巻 竹河 (12世紀初/徳川美術館蔵) ©Public Domain

院政期文化

/ /

院政期文化 平安時代末葉の11世紀後半から鎌倉幕府成立に至る12世紀末にかけての日本の文化。院政期は、日本社会史上、貴族勢力の衰退と武士勢力の伸長という過渡期に位置しており、文化の面でもこのような時代の気風を反映した新しい動きがみられた。

  • 中心地:平安京中心、一方で文化の地方普及
  • 担い手:上皇・貴族に加え武士・庶民の登場
  • 歴史物語・軍記物語・絵巻物
  • 今様・田楽・猿楽の流行(貴族や庶民に流行)
  • 浄土教思想の広まり(各地に阿弥陀堂建築・浄土教美術)