雄略天皇
雄略天皇(雄略天皇画/1896)©Public Domain

第20代 安康天皇

第22代 清寧天皇

雄略天皇 (允恭天皇7年12月 – 雄略天皇23年8月7日)(418〜479) 第21代天皇。中国の宋に遣使した「倭の五王」のひとり「武」と推定される天皇。『宋書』によると478年、宋の順帝に上表文を奉ったという。埼玉県の稲荷山古墳から出土した辛亥銘鉄剣の銘文にみえる「獲加多支鹵わかたける大王」が「記紀」にいう「ワカタケル」天皇すなわち雄略天皇ゆうりゃくてんのう、つまり倭王武にあたることはほぼ確実と考えられている。