アッシリア 紀元前10世紀前後のオリエント地図
紀元前10世紀前後のオリエント地図 ©世界の歴史まっぷ

古バビロニア

ミタンニ

新バビロニア

メディア王国、リュディア王国、エジプト第26王朝

アッシリア ①古アッシリア時代-紀元前1950年頃-紀元前15世紀 ②中アッシリア時代−紀元前1365年-紀元前934年 ③新アッシリア時代−紀元前934年-紀元前609年 セム語系のアッシリア人がティグリス川上流の北メソポタミアに紀元前2千年紀の初めに建国。紀元前15世紀、一時ミタンニに服従したが紀元前12世紀に東地中海全域を襲った民族大移動で、旧勢力(ヒッタイト、古バビロニア、エーゲ文明など)が衰亡したあとをうけて強大な軍事国家となり、紀元前8世紀後半、バビロニアからシリアへかけての地域を支配下におさめ、紀元前7世紀前半、エジプトも征服してオリエントの主要部分を統一した最初の世界帝国が出現した。カルデア人が樹立した新バビロニアがメディアと同盟して紀元前612年に滅ぼされた。