鄧茂七の乱
英宗 (明)正統帝 ©Public Domain
Previous Post

鄧茂七の乱 福建省沙県さけんの農民鄧茂七とうもしちが、1448年に地主の横暴に反対して起こした反乱。当時福建省の建陽県けんようけんでは農民の大部分が「城居地主」のもので、農民は収穫の50〜60%を小作料としておさめていた。沙県では小作料のほか、別に税を地主におさめねばならず、鄧茂七らはこれを廃止するよう地主側に要求したが拒否された。そこで鄧茂七らは実力行使にでたが、宗教的組織をもたず、知識人が参加しない最初の農民反乱で、その後福建や浙江せっこう、さらに全国へと波及していった。これは、その後の抗租運動の先駆的位置を占める反乱であった。

Previous Post